ステイトメント

今日の生活環境には人工的な音が溢れていますが、残念ながら快適性や機能性において満足できる音は少ないのが実情です。そこで、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として、一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティは設立されました。

事業

サウンドデザインに関する
研究・開発

サウンドデザインに関する
セミナー開催および啓蒙活動

国際社会に対応するユニバーサルな
サイン音デザイン

音の商標登録のための
サウンドデザイン支援

スマートサウンドデザイン賞
の創設

サウンドデザインとは

  • デザインという言葉には様々な解釈がありますが、狭義では対象物の形や色などに工夫をして視覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることを指します。一方、サウンドデザインは音が対象となり、聴覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることです。対象音は人工的な音が中心となり、事例として、高級感やスポーティ感を演出する自動車のエンジン音、重厚感を演出するドア閉まり音、吸引力を実感する掃除機動作音、ピンボケを連想させない一眼レフカメラシャッター音、爽快感を有するゴルフクラブ打球音、小川のせせらぎを連想させるトイレ洗浄音など人工物の動作に伴って副次的に発生する「動作音」があります。また、機器の始動や終了を知らせる報知音など意図的に発生させる「サイン音」は、何かを知らせるという目的がありますので、快適性だけでなく明確な報知機能を満たすことが重要です。さらに、運転手の覚醒維持に効果のある自動車走行音や、知的生産性を向上する事務機動作音など「機能音」により新たな価値を創出し、スマートサウンドデザインを実現します。

    音の商標登録について

    欧米では以前から音の商標登録が認められていましたが、日本でも2015年4月1日より登録可能となりました。
    それに伴い音の商標登録のためのサウンドデザインを支援します。

活動紹介

第7回SSDSシンポジウム(2020/11/20)

「ユーザインタフェース(UI)のサウンドデザイン」

一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)では、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として活動しています。この度、第7回SSDSシンポジウムでは、『ユーザインタフェース(UI)のサウンドデザイン』と題しまして、長年にわたり研究に従事され、多面的なアプローチにより先駆的かつ広範な研究や標準化を推進されている大学、サウンドデザインを積極的に活用されている先進企業やサウンドデザイナーの方々を講師にお招きしてご講演いただきます。また、本シンポジウムではユーザインタフェース(UI)のサウンドデザインに関して議論を深めるパネルディスカッションも実施します。快適かつ機能的な音環境の構築が着目され、サウンドデザインの重要性が益々高まっています。この機会に是非ご参加いただき、今後の活動にお役立て下さい。

(PDFはこちら)


開催日時

2020年11月20日(金) 10:00〜17:00

プログラム

 10:00〜10:10

 開会挨拶

SSDS代表理事 中央大学教授 戸井武司

 

 10:10〜11:00

『 プロダクトにおけるUIサウンドの設計/デザイン 』

同志社女子大学教授 和氣早苗

プロダクトのユーザインタフェースにおいて「サウンド(報知音や操作音)の使い方の設計」と「サウンドそのもののデザイン」の双方が重要であることを解説します。また、具体的な設計/デザイン方法も紹介します。

 

 11:00〜11:45

島津製作所のUIサウンドデザインの紹介 』

株式会社 島津製作所 平間朋洋 吉迫光知

製品にUIサウンドを取り入れることで、ブランディング及びユーザビリティ向上が期待できます。専門知識や技術の不足、コスト面の課題を専門家とのコラボレーションで解決した島津製作所の取組みを紹介します。

 

 11:45〜13:00 休憩・昼食・交流会

 

 13:00〜13:45

『 消費生活用製品の報知音 -国内・国際標準化の最新動向- 』

早稲田大学教授 倉片憲治

消費生活用製品の報知音に関するJIS(日本工業規格)の制定からISO(国際標準化機構)規格化までの約20年間の道程と、その後の国内外における標準化及び関連規格の最新動向についてご紹介します。

 

 13:45〜14:30

『 様々なメディアにおけるUIサウンドの制作手法と事例紹介 』

有限会社 彩音本舗 山田泰正

業務用の機器からアトラクションやゲームまで、幅広い対象のUIサウンドデザインを制作してきた。こちらの実績を元に、UIサウンドの考え方、制作手法を紹介します。

 

 14:30〜14:45  休憩

 

 14:45〜15:30

『 シャープAIoT商品の音声ユーザーインタフェースデザイン事例紹介 』

株式会社 AIoT クラウド 宇徳浩二 六車智子

シャープが推進している「AI×IoT=AIoT」のコンセプトに基づいた商品に、音声UIを取り入れている事例として、スマートフォンAQUOS搭載の、スマホがタイミング良く話かけてくれる人工知能「エモパー」と、音声対話により献立相談を行う事ができる、ウォーターオーブン「ヘルシオ」の事例をご紹介します。     

 

 15:30〜16:15

『 アーケードゲームのサウンドデザイン 』

株式会社 セガ 清水一人

アーケードゲームのサウンドデザインはゲームサウンド演出だけでなく、スピーカー設計や選定、生のメカ音等との連動や音を波動として振動や圧力として演出に利用することもあります。その実例の一部をご紹介します。

 

 16:15~17:00 パネルディスカッション『UIのサウンドデザイン 』

司会進行 SSDS代表理事 中央大学教授 戸井武司

各講師の講義内容を踏まえ、各分野の本質を掘り下げるとともに、ユーザインタフェース(UI)の共通要因に関してディスカッションを行います。

 

協賛

(公社)自動車技術会、(一社)日本音響学会、(一社)日本機械学会、(公社)日本騒音制御工学会 <予定>

定員

200名

会場

オンライン開催

参加費

一般 10,000円  会員 5,000円  学生 1,000円(消費税込み、事前申込がない場合は1,000円増)

■参加費は下記の口座にお振込みください。また、お振込み予定日を参加申し込みフォームの質問事項欄にご記入下さい。

■請求書が必要な場合は参加申し込みフォームの質問事項欄にご記入下さい。

■領収書についてはお振込み控えをもって代えさせて頂きます。

■会員とは、以下が対象となります。
協賛学会の(公社)自動車技術会、(一社)日本音響学会、(一社)日本機械学会、(公社)日本騒音制御工学会の各個人会員
(一社)スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)の個人会員

〈振込先〉

みずほ銀行 渋谷支店
(店番号210 普通 1598392)
一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ

 

オンライン開催についての注意事項

■参加IDと講演会アクセスURLは、開催の3日前を目途にメール連絡します。

■参加登録された方の接続環境における聴講品質は保証致しかねますが、期間限定でストリーミング配信します。

■参加登録された方によるオンライン講演の資料の撮影、録音、保存、印刷等の行為は厳禁とします。

 申込締切

2020年11日13日(金)

申込方法 

下記の申込みフォームに必要事項を入力の上、送信して下さい。

お申込みはこちら

お問い合わせ

support@ssds.or.jp

  Read more
その他の活動一覧へ