ステイトメント

今日の生活環境には人工的な音が溢れていますが、残念ながら快適性や機能性において満足できる音は少ないのが実情です。そこで、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として、一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティは設立されました。

事業

サウンドデザインに関する
研究・開発

サウンドデザインに関する
セミナー開催および啓蒙活動

国際社会に対応するユニバーサルな
サイン音デザイン

音の商標登録のための
サウンドデザイン支援

スマートサウンドデザイン賞
の創設

サウンドデザインとは

  • デザインという言葉には様々な解釈がありますが、狭義では対象物の形や色などに工夫をして視覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることを指します。一方、サウンドデザインは音が対象となり、聴覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることです。対象音は人工的な音が中心となり、事例として、高級感やスポーティ感を演出する自動車のエンジン音、重厚感を演出するドア閉まり音、吸引力を実感する掃除機動作音、ピンボケを連想させない一眼レフカメラシャッター音、爽快感を有するゴルフクラブ打球音、小川のせせらぎを連想させるトイレ洗浄音など人工物の動作に伴って副次的に発生する「動作音」があります。また、機器の始動や終了を知らせる報知音など意図的に発生させる「サイン音」は、何かを知らせるという目的がありますので、快適性だけでなく明確な報知機能を満たすことが重要です。さらに、運転手の覚醒維持に効果のある自動車走行音や、知的生産性を向上する事務機動作音など「機能音」により新たな価値を創出し、スマートサウンドデザインを実現します。

    音の商標登録について

    欧米では以前から音の商標登録が認められていましたが、日本でも2015年4月1日より登録可能となりました。
    それに伴い音の商標登録のためのサウンドデザインを支援します。

活動紹介

【申込受付中】第4回SSDSシンポジウム開催(2017/3/3)

「サウンドデザインによるブランディングビジネス」

一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)では、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として活動しています。第4回SSDSシンポジウムでは、『サウンドデザインによるブランディングビジネス』について,特許庁審査業務部石塚利恵、中国家電Vatti社によるサイン音実装の経緯、オフィスの環境価値、音響効果の専門家をお招きしてご講演頂きます。昨今、益々重要性が高まるサウンドデザインやサウンドブランディングに関して横断的に深堀りしていきます。この機会に是非ご参加頂き、今後の活動にお役立て下さい。


開催日時

2017年3月3日(金) 10:00〜17:00  

プログラム

10:00〜10:15

『SSDSの活動報告』

SSDS代表理事 中央大学教授 戸井武司

快適かつ機能的な音環境を構築することを目的にSSDSは活動しております。その一環として、電通ダイバーシティ・ラボと取り組んでいる『音声情報の聞き取りやすさプロジェクト』、および『映像情報と音情報による工作機械の操作支援システム』について活動概要を紹介します。

 

10:15〜11:15

『新しいタイプの商標の保護の現状について』

特許庁 審査業務部機械審査室 石塚利恵

商標はこれまで文字や図形といった視覚によって認識できるものに限られていましたが、平成26年法改正により、平成27年4月から色彩や音といった新しいタイプの商標も出願・登録が可能となり、施行から約1年半経ちました。講演では、これまでの出願された音の商標を中心に、新しいタイプの審査に携わる審査官から見た、商標審査の現状を報告します。

 

11:15〜12:15

『フィクションの世界におけるブランディングデザイン』

株式会社スワラ・プロ サウンドエンジニア 中島勝大

アニメやドラマなどの映像作品には、作品のリアリティを追求した様々なシチュエーションが設定されます。サウンドエンジニアはそれらにのっとり、音楽や環境音、さらには映像の動きに合わせた細かなサウンドデザインを行うことになります。全体調和を損なわずに作品性を最大限に高めるようなサウンドデザインのアプローチと制作例をご紹介することで、0を1にする作業の実態を解説いたします。

 

12:15〜13:30 交流会および昼食(無料)

前回ご好評いただいた、昼食をとりながらの講演者と出席者の交流会を行います。

 

13:30〜14:30

『多様化する働き方とこれからのオフィスに求められるもの』

コクヨ株式会社 サウンドソリューション部 グループリーダー 岩切幸伸

<リテイク中>***働き方改革実行計画や、労働基準法改正案の影響もあり、効率的な働き方に注目が集まっています。
ICTの進化により、在宅勤務の採用や、カフェなどを第二の仕事場とするなど、様々な働き方が行われ、ワーカーの条件に合わせて、柔軟な働き方を選択する事により、労働時間の削減や、ワーク・ライフ・バランスの向上を図る企業が増えています。そのような働き方の変化を受けて、オフィスに求められているものについて、我々の考えをお話しします。***

 

14:30~15:45

『中国における家電製品のサウンドデザインの実態』

株式会社Vatti CBO(ブランディングダイレクター) yuki盧楚麒(サポート:SSDS理事 藤澤孝史)

中国国内の大手厨房機器メーカーとして、あるべきブランディング戦略の立案と実施においてどのようなサウンドデザインを行ったのか、その背景と実施過程をご紹介します。ノイズに溢れている料理の現場において、いかに意味性を必要十分に伝えるかのデザイン過程と、マーケティングフェイズにおいて顧客にアピールするキャラクターの起用から製品力をアピールする映像中の製品紹介の実例など、多面的な講義を行います。

 

15:45~16:00 休憩

 

16:00~17:00 パネルディスカッション

『サウンドのブランディングアプローチに関するクロストーク』

司会進行 SSDS理事 藤澤孝史

当日の講義内容を踏まえ、各分野のトライアルを掘り下げるとともに共通要因をあぶり出すことで、広く応用できそうな要因に関してディスカッションを行います。。

定員

200名(定員になり次第,申込を締切)

会場

中央大学理工学部(後楽園キャンパス)5号館2階5234室 東京都文京区春日1-13-27 交通アクセス → http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

”東京都文京区春日1-13-27”
 

参加費

一般 12,000円 会員 7,000円(法人会員は3名まで無料でご参加いただけます)学生 2,000円 (消費税込み,テキスト1冊込み,事前申込がない場合は1,000円増)

*請求書処理にも対応しておりますので、ご希望の方は以下のメールアドレス、もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

申込方法

当日現金、その他のお支払い方法をご希望の方は下記の「お問い合わせ」から以下の情報をご入力して送信してください。 ・お名前 ・連絡先メールアドレス ・法人名(法人の場合) ・連絡先電話番号   オンラインでお申し込みをご希望の方はこちらをご利用ください。 http://peatix.com/event/140912/view

申込締切

2017年3日1(水)

お問い合わせ

support@ssds.or.jp

一般社団法人スマートサウンドソサエティ

 
  Read more
活動紹介一覧へ