ステイトメント

今日の生活環境には人工的な音が溢れていますが、残念ながら快適性や機能性において満足できる音は少ないのが実情です。そこで、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として、一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティは設立されました。

事業

サウンドデザインに関する
研究・開発

サウンドデザインに関する
セミナー開催および啓蒙活動

国際社会に対応するユニバーサルな
サイン音デザイン

音の商標登録のための
サウンドデザイン支援

スマートサウンドデザイン賞
の創設

サウンドデザインとは

  • デザインという言葉には様々な解釈がありますが、狭義では対象物の形や色などに工夫をして視覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることを指します。一方、サウンドデザインは音が対象となり、聴覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることです。対象音は人工的な音が中心となり、事例として、高級感やスポーティ感を演出する自動車のエンジン音、重厚感を演出するドア閉まり音、吸引力を実感する掃除機動作音、ピンボケを連想させない一眼レフカメラシャッター音、爽快感を有するゴルフクラブ打球音、小川のせせらぎを連想させるトイレ洗浄音など人工物の動作に伴って副次的に発生する「動作音」があります。また、機器の始動や終了を知らせる報知音など意図的に発生させる「サイン音」は、何かを知らせるという目的がありますので、快適性だけでなく明確な報知機能を満たすことが重要です。さらに、運転手の覚醒維持に効果のある自動車走行音や、知的生産性を向上する事務機動作音など「機能音」により新たな価値を創出し、スマートサウンドデザインを実現します。

    音の商標登録について

    欧米では以前から音の商標登録が認められていましたが、日本でも2015年4月1日より登録可能となりました。
    それに伴い音の商標登録のためのサウンドデザインを支援します。

活動紹介

第5回SSDSシンポジウム(2018/8/23)

「サウンドデザインに必要な”聴き分け力”を考える」ー聴能形成の基本とこれからの展開ー

一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)では、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として活動しています。この度、第5回SSDSシンポジウムでは、『サウンドデザインに必要な”聴き分け力”を考えるー聴能形成の基本とこれからの展開ー』と題しまして、長年にわたり九州大学にて聴能形成の授業を担当し、聴能形成の公開講座を開講され、実務の担当者の養成も行われている 岩宮眞一郎名誉教授、河原一彦助教 をお招きしてご講演頂きます。

  Read more
その他の活動一覧へ