ステイトメント

今日の生活環境には人工的な音が溢れていますが、残念ながら快適性や機能性において満足できる音は少ないのが実情です。そこで、サウンドデザインの振興と普及を図り、快適かつ機能的な音環境を構築することを目的として、一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティは設立されました。

事業

サウンドデザインに関する
研究・開発

サウンドデザインに関する
セミナー開催および啓蒙活動

国際社会に対応するユニバーサルな
サイン音デザイン

音の商標登録のための
サウンドデザイン支援

スマートサウンドデザイン賞
の創設

サウンドデザインとは

  • デザインという言葉には様々な解釈がありますが、狭義では対象物の形や色などに工夫をして視覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることを指します。一方、サウンドデザインは音が対象となり、聴覚的に美感を生じさせたり機能を向上させたりすることです。対象音は人工的な音が中心となり、事例として、高級感やスポーティ感を演出する自動車のエンジン音、重厚感を演出するドア閉まり音、吸引力を実感する掃除機動作音、ピンボケを連想させない一眼レフカメラシャッター音、爽快感を有するゴルフクラブ打球音、小川のせせらぎを連想させるトイレ洗浄音など人工物の動作に伴って副次的に発生する「動作音」があります。また、機器の始動や終了を知らせる報知音など意図的に発生させる「サイン音」は、何かを知らせるという目的がありますので、快適性だけでなく明確な報知機能を満たすことが重要です。さらに、運転手の覚醒維持に効果のある自動車走行音や、知的生産性を向上する事務機動作音など「機能音」により新たな価値を創出し、スマートサウンドデザインを実現します。

    音の商標登録について

    欧米では以前から音の商標登録が認められていましたが、日本でも2015年4月1日より登録可能となりました。
    それに伴い音の商標登録のためのサウンドデザインを支援します。

活動紹介

第1回ワークショップ『サウンドデザインのためのMaxプログラミング講習会「初級編」

 インタラクティブ・アート・ソフトウェアMaxはPC の画面上にオブジェクトを配置して線でつなぐだけで、音を出すプログラムを簡単に作れるソフトウェアです。サウンドデザインに関わる研究者や技術者には強力なツールとなりますが、初心者はとまどうことが多く、習得は容易ではありませんでした。

そこで本ワークショップでは Max によるサウンドプログラミングについて、初心者を対象とした講義と実習を行います。参加者の皆様は実際にプログラムを作ることによって、体験的に Max をご理解いただけます。


 

講師 松本昭彦氏✳ (音楽家・プログラマー)

日時

平成28年8月26日(金) 9:30〜17:00

会場

中央大学理工学部(後楽園キャンパス)2 号館 2215 号室 東京都文京区春日1-13-27 交通アクセス → http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

”東京都文京区春日1-13-27”
 

参加条件

サウンドデザインに関心があり、Max7(30日間試用できるデモ版でも可)をインストールしたWindows PCまたはMacとヘッドホンを持参できる方。
 

参加費

SSDS 法人会員(1 名様まで無料)
SSDS個人会員 18,000円
会員外 25,000円
学生 5,000円(受付時に学生証の提示が必要)

定員 20名

申込期限 8 月24日(水)

ただし、期限前に定員に達した場合は受付を締め切ります。
 

申込方法

ワークショップにご参加を希望される方は、下記の事項をメールにご記入の上、

件名に「Maxワークショップ参加希望」と書いてsupport@ssds.or.jpへお送り下さい。

所属団体名:

所属部署名:

お名前(漢字):

お名前(フリガナ):

参加種別:(例、SSDS個人会員)

参加人数:(複数の場合はご同行者のお名前も記入)

所在地:〒

連絡先(Tel,Fax):

参加費お支払い方法:(当日現金もしくは後日請求書払いのどちらか選択)

内容 

・分析  -世界のサウンドデザインの分析

     -論理的にデザインの構造を理解する

・模倣  -分析したサウンドデザインの模倣プログラムの作成

     -Maxの基礎

・創作  -オリジナルのサウンドデザイン

     -各自のアイデアに基づくプログラムの作成

     -質疑応答

・発表・講評  -各自が作ったプログラムを発表

       -講師によるコメント

(ただし、この内容は今後多少変更する場合があります)

◆協賛 株式会社エムアイセブンジャパン (Max 輸入代理店)

✳ 講師プロフィール
東京藝術大学大学院修了(古川聖研究室)。高岡明、ジョナサン・リー、キャシー・コックスに 師事し、現代音楽の作曲や音楽理論、プログラミング技術を学び、東京大学工学部知の構造 化センター研究員を経てアーティスト・プログラマーとして活動する。近年では東京モーターショーのイベント音楽や日本科学未来館の展示音楽の作曲、六本木ヒルズのクールジャパンオ フィスのエントランス照明やスマートイルミネーション横浜の音響・照明作品を手がけており、大学や放送局、建設会社、自動車メーカー等の研究機関のための音響プログラムの開発等、音楽やアートに留まらない多岐にわたる創作活動を行っている。

  Read more
活動紹介一覧へ