『サウンドデザインに必要な”聴き分け力”を考えるー聴能形成の基本とこれからの展開ー』と題して、2018/8/23に第5回SSDSシンポジウムを開催します。長年にわたり九州大学にて聴能形成の授業を担当し、聴能形成の公開講座を開講され、実務担当者の養成も行われている 岩宮眞一郎名誉教授、河原一彦助教 をお招きしてご講演頂きます。また、聴能形成の回答集計システム「真耳」を使った訓練の体験も予定しています。さらに、サウンドデザインに必要な”聴き分け力”を考えるパネルディスカッションを実施します。音質評価へのヒトの能力活用に対する期待が高まっている昨今、この機会にご参加いただき今後の活動にお役立て下さい。

※「聴能形成」および「真耳」は日本音響エンジニアリング株式会社の登録商標です。

[開催日]平成30年8月23日(木)

[会 場]中央大学理工学部(後楽園キャンパス)

[詳 細]こちらをご覧ください