2016年度SSDS/JMAC 技術講演会終了のお礼と次回お知らせ

「クリエータとエンジニアによるサウンド共創」と題して去る9/1、9/2に開催いたしました2016年度SSDS/JMAC 技術講演会ですが、おかげさまで様々な分野の企業から多数の出席をいただきまして、無事に終了することができました。一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)では、来年3/3に予定している次回シンポジウムや他にもワークショップの開催などを通して快適な”音環境”の創出に貢献して参りますので、今後ともご支援よろしくお願いいたします。

『サウンドデザインのためのMaxプログラミング講習会』のお礼と次回告知

2016/8/26にインタラクティブ・アート・ソフトウェアMaxのワークショップを開催いたしました。これはSSDSで初めてのワークショップでしたが、おかげさまで多数の皆様にご参加いただきまして、内容も大変好評でした。

しかしながら、参加のお申込みが早々に定員を超えたため、期限前に受付を終了することになり申し訳ありませんでした。つきましては、年内に再度Maxワークショップ(初級編)を開催する予定であります。また、中級編につきましても来年の開催を検討中であります。その際には奮ってご参加をお願い申し上げます。

公益社団法人 日本騒音制御工学会のシンポジウムに協賛いたしました

「わかる!騒音対策」 -基本的考え方と模型による効果体験-

[開催日]平成28年9月9日(金)

[会 場]東海大学代々木キャンパス(東京都渋谷区)

[詳 細]こちらをご覧ください

第1回ワークショップ『サウンドデザインのためのMaxプログラミング講習会「初級編」』を開催します。

8/26(金)に第1回ワークショップを開催いたします。初回は講師に音楽家でありプログラマーの松本昭彦氏を迎え、インタラクティブ・アート・ソフトウェアMaxを使ったサウンドデザインの初級編を実践的に体験していただきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日刊工業新聞に2016/9/1, 9/2に開催される技術講演会の案内が掲載されました。

来る9/1と9/2に『クリエータとエンジニアによるサウンド共創』2016年度 SSDS/JMAC 技術講演会の案内が日刊工業新聞に掲載されました。

『クリエータとエンジニアによるサウンド共創』 2016年度 SSDS/JMAC 技術講演会開催(2016/9/1-9/2)

日本モーダル解析協議会(JMAC)は、2016年4月より一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティ(SSDS)の一組織となりましたが、来る9月1日、2日の両日に渡って、“クリエータとエンジニアによるサウンド共創”をテーマに、大学・産業界の第一線で活躍されている講師をお迎えして技術講演・研究事例発表を行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

日経新聞に『音声情報の聞き取りやすさプロジェクト』及び活動内容が特集されました。

先日発表された電通ダイバーシティ・ラボとの取り組みである『音声情報の聞き取りやすさプロジェクト』、及びサウンドデザインに関する特集が6/10付の夕刊にて特集されました。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03451510Q6A610C1EAC000/

電通ダイバーシティ・ラボと共同で聞き取りやすい音声伝達の認証および環境構築ビジネスを始動

一般社団法人スマートサウンドデザインソサエティは、株式会社電通におけるダイバーシティ(多様性)課題対応専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」と共同で、聞き取りやすい音声伝達の認証と、その環境構築ビジネスを推進していくことで合意しました。

詳しくはこちらの資料をご覧ください。

第3回SSDSシンポジウム(2016/2/26)の追加講演者決定

「ブランディングにおけるスマートサウンドの活用」

「ブランディングにおけるスマートサウンドの活用」と題して、2016/2/26に第3回SSDSシンポジウムを開催いたしますが、追加の講演者が決まりましたのでお知らせいたします。

 

『アニメーションの音響制作の工程と音響監督の役割』
音響監督 本田保則様

Dr. Noise『バリアフリーと音』出版記念講習会共催のお知らせ

この度、スマート・サウンド・デザイン・ソサエティは公益社団法人日本騒音制御工学会が主催するDr. Noiseの出版記念イベントを2016年2月18日(木)に共催いたします。「音」の視点からバリアフリーを考え、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けたユニバーサルデザインの手始めとしたいと思います。詳しくはこちらをご覧ください。

バリアフリーと音 会告

2 / 41234